名編集者と消えた作家

幻冬舎の社長、見城徹氏がテレビ出演されているのを見た。

編集者としていくつものベストセラーを手がけた人らしい。
番組を見ていて、ふと思ったのだが、見城氏が、一からその才能を見出し、育てたあげた作家というのは、どれほどいるのだろうか。

五木寛之石原慎太郎らは、すでに大家であったし、中上健次村上龍山田詠美らは他社で華々しくデビューし、才能も折り紙付きであった。

そういう作家と、親密に付き合えるというのは、編集者としての才覚といえば、そうなのだろうが、見城氏が手がけた作品というものは天童荒太永遠の仔』を除いては、さほど良い作品はない。
その天童荒太も、推理作家として地歩を固めたのは新潮社においてであった。

それで、見城氏というと『月刊カドカワ』で、尾崎豊大槻ケンヂや、斉藤由貴に小説や詩を書かせていたが、彼らもやはりすでに売れている人であった。

不破純という作家のことを思い出す。
彼は、角川書店に小説を持ち込み、当時編集者だった見城氏に見出されてデビューした。
月刊カドカワ』での派手な売り出し、「歌わない尾崎豊」というキャッチフレーズも、見城氏の仕掛けではなかったか。
しかしその後、消えた。
彼は高校中退だった。1970年生まれというから、現在38歳。
ネットで消息を調べても、「カジノバーで店員をしていた」という目撃談があるだけ。