電子書籍『小山田圭吾はなぜ障害者をいじめなかったのか』を出版しました

 拝啓
 初夏の爽やかな風が心地いい季節となりました。
 皆様いかがお過ごしでしょうか。

「孤立無援のブログ」を運営している私、電八郎は、このたび電子書籍を出版する運びとなりましたことをお知らせいたします。
 アマゾン(Amazon Kindle)でご購入いただけます。

『小山田圭吾はなぜ障害者をいじめなかったのか――根本敬から読み解く「村上清のいじめ紀行」』(出版社 危ないイチゴ)
 電八郎(「孤立無援のブログ」管理人)

小山田圭吾は障害者をいじめたの?
いじめてないの?
東京五輪での辞任騒動から3年、
〝コーネリアス〟デビュー30周年、ちょっといい話!
「孤立無援のブログ」の電八郎が、あの騒動を、誰からも頼まれもしないのに蒸し返す! 
誰も書かなかった「因果者」としての小山田圭吾の「でも、やるんだよ!」精神に迫る超絶批評集!

 ブログ記事を元にしてますが、大幅に加筆した書き下ろし批評集です。
 原稿用紙換算で250枚くらいあります。

「でも、お高いんでしょ?」
「いいえ! それがなんと、電子書籍だからこそできる価格破壊! 出版界の常識をぶち破ります! こんな濃い批評集をこんな低価格で出されたら、他の出版社はもう終わり、やっていけません!」
「あら、すてき」
「しかも、今だけ、特別ご奉仕。なんと無料キャンペーンをやります! この機会にじゃんじゃんお友達にも宣伝してください!」
「買うわ! 買っちゃう!」

 なお、サンプル表示で句点「。」の位置が左になるミスが生じていますが、原因を調査中です、本文は問題ないので、安心してお買い上げください。