2010-02-01から1ヶ月間の記事一覧

おかしなオモチャ

明和電機がやってるナンセンス・オモチャ研究所は、おもしろい。 テレビで紹介されているのを見たとき、その発想法に感心した。この方法だったら、だれでも簡単にナンセンス・オモチャが作れてしまう。 で、この発想法はべつのものに応用できるんじゃないか…

クレバー・ハンス錯誤とピグマリオン効果

先日もちょっと紹介した『ものの見方考え方・第2集・手品・トリック・超能力』(季節社)という本に、「クレバー・ハンス」という馬のことが載っていた。 この飼い主はフォン・オステンという人で、高等動物には人間と同じくらいの知能があるという考えの持…

文芸誌というもの

文芸誌というのがいくつか出ているが、おれは買ってもまともに読んだことがない。だって、つまんねえんだもん。 あんなもん、なくなっても誰も困らないと思うのだが、まあなんか伝統があったりしてつぶせないんだろう。 それで実際のところ、どのくらい売れ…

共産主義的、性的人間

DVDで『コミュニストはSEXがお上手?』というドキュメンタリー映画。 かつて分断されていた東西ドイツのセックス事情を調査したもの。それによると、西よりも東ドイツの方が性的に進んでいたという。 西ドイツは資本主義で、性産業は氾濫しているし、自由…

だます人、だまされる人

『ものの見方考え方・第2集・手品・トリック・超能力』(季節社)という本に、佐藤忠男「『だます』ことと『だまされる』こと」という論文が載っている。そこで紹介されている伊丹万作のエッセイが興味深いので、孫引きになるが紹介してみたい。 敗戦の翌年…

おれのメモ術

図書館で、『週刊新潮』2月4日号。 【特別読物】1万2000人と寝た男「ウォーレン・ベイティ」の口説き方 なる記事によると、このおっさんはもてるらしい。 マドンナが友人に語ったという話はこうだ。 彼は車から電話してきて、「いまそこからハーフ・マイルの…

香川照之がブレイク

知らなかったぜよ。香川照之って東大出てるんだ。それで、父は三代目市川猿之助、母は浜木綿子って、すごいお坊っちゃんじゃねえか。それまで興味がなかったんで、どうせどっかの小劇場あがりだろうと勝手に思ってたんだが、これはどうもすみませんでした。 …