太田光にどんな名誉があるのか

 太田光週刊新潮の記事で名誉を毀損されたというのだが、そもそも太田光にどんな名誉があるのか。
 立川志らくもまた新潮社を批判し、「人を傷つけておいて『ごめんなさい』がないんですよ。それを見ていて多くの人はイライラしていると思いますね」と語った。テレビ番組で「江戸しぐさ」のうんちくをえらそうに語り、批判が殺到するも「素晴らしい文化を消し去るのか」と開き直った志らくが、どの口で言うのか。
 立川談志は、テレビに出ている芸人を「サラリーマン芸人」といった。テレビにクビにならないように、ということばかり考えているからである。

遺芸 立川談志 [DVD]

遺芸 立川談志 [DVD]

  • 発売日: 2015/01/23
  • メディア: DVD
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com

われわれは猫である

 加藤徹『漢文法ひとり学び』(白水社)にこう書いてある。

 夏目漱石の小説『吾輩は猫である』の「わがはい」は、男性専用の一人称単数(わたし)である。
 しかし、漢文の漢語「吾輩」は「ゴハイ」と読み、(男女に関係なく)「われわれ」という意味で、日本語とは違う。漢文では「吾輩」も「われわれ」の意。(38頁)

 にゃんと。漢籍にも詳しかった漱石は当然これを知ったうえで「吾輩」を使ったのだから、あの小説には「われわれは猫である」の意味もあるのではあるまいか。

koritsumuen.hatenablog.com