同志社香里高校ダンス部がすごい理由

 監督やコーチが、選手や部員を殴ったり叱ったりするのは、ある誤解に基づいている。
 登美丘高校ダンス部はバブリーダンスで話題になったが、しかし報道を見る限り、若い女性コーチの指導方法はあきらかなパワハラであり、感心しない。
 部員がダンスに失敗すると、マイクを通じてどなりつける。するとだいたいは次の時にうまくできる。これによりコーチは「部員を上達させるには、叱るのがよいことなのだ」と思い込む。そして部員が失敗するたびに、どなり続ける。だが、人間のやることには、でき不出来の波があって当然なのだ。
 1回目は失敗した、しかし2回目には成功する。3回目はまた失敗する。4回目も失敗したが、5回目と6回目には成功した。じつはこれは、ボールを標的に当てるゲームと同じことである。ボールを投げ続ければ、一投目の成績がよかった人の大半が、二投目には悪くなり、逆に、一投目にはお粗末だった人の大半が二投目にはよくなることが知られている。統計学で「平均への回帰」という現象である。連続したゲームの結果は、平均へと回帰する。
 すなわち、成功するか失敗するかはランダムな現象であり、それを決めるのは「幸運」(偶然)である。コーチがほめても叱っても結果は同じなのだ。
ダニエル・カーネマン・村井章子訳『ファスト&スロー 上巻』早川書房「第17章 平均への回帰」を参照)
 では、監督やコーチの役割とはなにか。
 部員をほめて教えることである。スキル習得において、失敗を叱るより能力向上をほめる方が効果的だということは、ヒトを含む多くの動物実験で確かめられている。叱ることには何の意味もない。むしろ害悪なだけである。
 そもそも監督やコーチという存在は、必要なのかと問うてみよう。
 同志社香里高校ダンス部には外部コーチがおらず、生徒たちだけでダンスの練習も振り付けも行っている。それで「日本高校ダンス部選手権」で優勝するのだから、たいしたものである。まあ、私は学生のダンスや演劇や合唱といった、評価基準のあいまいな芸術分野のもの、に点数をつけて競わせるのはよくないと考えているが。
 鬼コーチの命令に黙って従うだけの生徒と、自分たちで創意工夫を凝らして自主的に練習する生徒とでは、将来どちらがよいダンサーになるかはあきらかであろう。
www.danstreet.jp
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com

息子を性的虐待する父親に視聴者ドン引き

 ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の視聴率が最低というのだが、まあ、無理もない。とにかくもう出てくるのは、救いようのない人間ばかりである。役者の演技もみょうにうまくて、こういうのが身内にいたらつらいなあ、と思わせて真っ暗な気分になる。
 第6話なんか、子供の頃から父親に性的虐待されていた息子の話で、それが原因で精神的におかしくなっていて自殺未遂までするのだが、しかし父親はエリート医師でいまだに息子を追いかけ回しているキチガイである。息子は生活保護をもらって病院で治療することになるのだが、それでいったい何が解決するのか。父親を罪に問うのでもなく、反省する姿を見せるわけでもない。
 もう、生活保護をもらったからって、それでどうにかなるようなレベルの人たちじゃないのだ。いったいこれは何なのかと思って、ホラーだと気づいた。
 平山夢明は『恐怖の構造』(幻冬舎新書)で、ホラーの定型を、「各論ではハッピーエンドでも総論はバッドエンド」になるものだと指摘している。

 ヒッチコックの『サイコ』の場合、ラストで殺人鬼のノーマン・ベイツは捕まります。しかし彼はすでに人格を母に乗っ取られており、反省することはありません。殺された人々も帰ってくるわけではなく、そのために観客の気分は晴れないままです。
 つまり「犯人を捕まえる」という各論はハッピーエンドを迎えているものの、「ベイツが罪を悔い改め、被害者も救われたらいいな」という理想的な総論はバッドエンドになっているわけです。
悪魔のいけにえ』も同様です。レザーフェイス一家に捕まった女の子サリーは、すんでのところで生き延びたものの、最後の場面では発狂を予感させるかのように絶叫しています。おまけに肝心のレザーフェイスはしっかり生き残っており、チェーンソーを振り回して踊る姿を見るかぎり、懲りた様子など微塵もありません。「脱出」という各論には成功したものの、誰も幸せを勝ち取っていないのです。
『ゾンビ』も、主人公のピーターとフランはヘリに乗って命からがらショッピングモールから逃げ出しますが、世界に蔓延したゾンビは滅びておらず、未来に希望があるとはとても言えない状況の中で物語は終わります。
 ほかにも『ミスト』しかり『シャイニング』しかり、例をあげればきりがありません。(118-119頁)

『健康で文化的な最低限度の生活』もホラーである。困窮者が「生活保護をもらえる」という各論はハッピーエンドであるものの、未来に希望はなく誰も幸せにならない、総論はバッドエンドである。
 ヒロインの吉岡里帆が相手にしているのは、ゾンビやジェイソンや邪悪で凶悪なモンスターである。そう思って見たところで、このドラマがおもしろくなるわけではないのだが。