【悲報】俺氏、寝てる間にまたデマを流される

目次

一発アウトのデマ

 world's end sequenceというアカウントによる次のようなツイートを目にして、びっくりしました。

はるみ @harumi2015 が7.15に引用Tweetした「孤立無援のブログ」記事は、筆者により7.15~7.22の間に77回の修正が施され(画像)、元々7,100文字以上あった記事は2,270文字となった。

f:id:denpatiro:20210902140358p:plain

https://web.archive.org/web/*/https://koritsumuen.hatenablog.com/entry/20061115/p1

 リンク先をみると、7月15日だけで俺は36回の修正を行っているように見えます。
 それも0時3分から22時6分までぶっ通しで、ひとつの記事を修正しまくっているそうです。
 超人かよwww
 いや、俺、そんな暇じゃねーし。
 その夜だって、ぐっすり8時間は寝てました。

 7月15日から22日までのウェブ魚拓を比較してみましたが、たいして修正されていません。
 おかしいですね。

 このサイトの下の方を見ると、英文で次のように書いてありました。

This calendar view maps the number of times https://koritsumuen.hatenablog.com/entry/20061115/p1 was crawled by the Wayback Machine, not how many times the site was actually updated. More info in the FAQ.

このカレンダー表示は、サイトが実際に更新された回数ではありません。「小山田圭吾における人間の研究」が、WaybackMachineによってクロールされた回数をマッピングしたものです。 詳細については、FAQをご覧ください。

 world's end sequenceのツイッターでは、この文章を削除した画像を掲載して、いかにも私がサイトを修正しまくっているかのように印象操作しているわけですね。

 こんなものは、常識で判断できます。
 五木寛之高村薫だってそんなに書き直さねーよ。

 おそらく7月15日以降にアクセスが急増したので、クロールの回数も増えただけでしょう。
 私はこの期間に、77回も修正してないことは確かです。もしできたら、人間業ではありません。ロボットが巡回してただけです。

 それなのに、「これは、作為的に行われていた文脈無視の引用箇所を全て削除し、自己に非が及ぶ事態を回避しようとした痕跡である」とまで書いています。
 いかにも事実であるかのようなデマを流すのは、一線を越えています。

 地震の直後に「動物園からライオンが逃げた」などとツイートするのと同等の悪質さです。
twitter.com
makitani.net
makitani.net

koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com

正義を振りかざすツイッタラ

 固定されたツイートの内容もひどいものです。

一次情報:山崎洋一郎と村上清が直接聞いた話
二次情報:上記を掲載したROJとQJ
三次情報:上記二誌を改竄して2006.11.15に記事とした「孤立無援のブログ」
四次情報:上記匿名ブログを引用したTweetで1.2万RTを重ねた「はるみ」アカウント(7.15)
五次情報:毎日新聞(7.16)
六次情報:モーリーの28連Tweet

f:id:denpatiro:20210902140231p:plain

 正確な情報とは次のようなものです。

・一次情報とは、本人が直接の体験から得たオリジナルな情報、考察など。
・二次情報とは、他人を通して得た情報。テレビや新聞から得た情報もこれです。
・三次情報とは、情報源が不明の情報。

 したがって本件に照らすと、一次情報者は、小山田圭吾、その同級生、被害者家族。
 あとは、すべて二次情報です。
 また、本人情報という点で、山崎氏や村上氏が一次情報者になることもあれば、私や「はるみ」氏やモーリー・ロバートソン氏が一次情報者になることもあります。

 これはもう、日本語がちゃんとわかるかというレベルの話で、いくら説明を工夫したところで、わからない人にはわかりません。
 私のブログを三次情報としているのもデタラメなら、「改竄して」記事を書いたという記述も一発アウトのデマです。
 五次情報だの六次情報だのと書くツイッタラーの信憑性はゼロです。
 給与計算2級のworld's end sequenceが、ハーバード大学卒のモーリー・ロバートソンに相手にされてよほどうれしかったのでしょうか。

 ところが、このデマは、すでに多くの人々によってリツイートされています。
♪「小山田圭吾のためならデマでも流す、それがどうした文句があるか――」。
 正義を振りかざすツイッタラーのゆかいな仲間たちをご覧ください。

https://twitter.com/Worldsendseq/status/1431426554412691459
f:id:denpatiro:20210903111257p:plain
f:id:denpatiro:20210903111216p:plain
f:id:denpatiro:20210902141021p:plain
f:id:denpatiro:20210902141056p:plain
f:id:denpatiro:20210902141108p:plain
f:id:denpatiro:20210902141118p:plain

f:id:denpatiro:20210903113030p:plain
f:id:denpatiro:20210903112755p:plain

こべにのいじめ紀行

 
 こべにid:kobeni_08 という人気ブロガーがいて、「小山田圭吾氏いじめ記事に関する検証」という記事を書いています。「間違い等あればご指摘ください」とあるので、間違いを指摘したのですが、いまだに訂正もされません。
 こべにはツイッターもやっていて、前述のデマツイートに「いいね!」をして、拡散しています。

 働く母として子育てエッセイなどを書いて、多くの企業案件も手掛けるなど人気ですが、何を思ったのか、小山田圭吾の名誉回復運動にのめりこんでいます。
 それも事実に即した検証ならまだしも、ただの憶測を並べたヨタ記事を書き散らしています。
 自説に都合のよい根拠だけを選び取り、こじつけることをチェリーピッキングといいますが、こべにの手口はまさにこれです。

 こんなことに関わっても御自身の評判を落とすだけだと忠告しましたが、聞く耳を持ちません。
 まともなお友達は去っていき、集まってくるのは、障害者を同じ人間とは思ってないような人たちばかりです。

 こべにのやっていることは、差別の助長です。
 当人にその自覚がないだけに、たちが悪いです。
www.kobeniblog.com
twitter.com


f:id:denpatiro:20210902142250p:plain
f:id:denpatiro:20210902142258p:plain
f:id:denpatiro:20210902142305p:plain
f:id:denpatiro:20210902142323p:plain
f:id:denpatiro:20210902142336p:plain
f:id:denpatiro:20210902142343p:plain
f:id:denpatiro:20210903143916p:plain

過去記事を修正した理由

 7月16日に、小山田圭吾が謝罪文を公表しました。
 太田出版山崎洋一郎の謝罪文によっても、元記事が差別を助長する不適切なものであることは確定しました。
 これら当事者による謝罪文を、私は尊重したいと思います。

 そして、私も過去に書いた記事を修正しなければならないと思いました。

 小山田圭吾によれば、雑誌の記事内容は「事実と異なる内容も多く記載されております」ということです。
 これにより、元記事の信憑性はなくなりました。したがって、事実の裏付けのない元記事からの引用は、残しておくべきではないと判断し、すべて削除しました。

 私のブログによって、元記事にある障害者への偏見やいじめの手法が知られることにより、それが新たな虐待や差別につながると考えました。
 トラウマを誘発されて読むのがつらいといったコメントや、日本自閉症協会による声明でも同様の指摘があり、元記事をこのままにしておくべきではないとの考えに至りました。

 私のブログについて、様々な批判があるのは承知しております。
 私も他人を批判している以上、どのような批判でも甘んじて受ける覚悟です。
 この17年余り、一度もコメント欄を閉鎖せず、誰一人ブロックしないでやってきました。
 言論の自由の下、その考えは今も変わりません。
 様々なご意見を受け入れ、これからはより一層、「チッ、うっせーな、反省してまーす」の精神で、精進を重ねてまいる所存でございます。
f:id:denpatiro:20210903143930p:plain

koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com