小山田圭吾が障害児とその母親が書いた年賀状を雑誌でさらす

 小山田圭吾が、障害者をいじめていたことを認めて謝罪したと話題です。
 山崎洋一郎によるインタビュー記事が出た「ロッキンオン・ジャパン」(1994年1月号)でも、「けっこう今考えるとほんとすっごいヒドイことしてたわ。この場を借りてお詫びします(笑)」と笑いながら謝罪しているので、27年ぶり二度目の謝罪ですね。
 小山田圭吾は「ちっ、うっせーな」→「反省してまーす」の精神なのです。
 いじめられていた沢田君は、漢字が得意で、お母さんに手伝ってもらいながら年賀状を一生懸命に書き、小山田圭吾に毎年送っていました。しかし小山田圭吾は、『クイック・ジャパン』(vol. 3号)でその年賀状をさらして、笑いものにしました。

 でも、だからもう、とにかく凄いんです、こいつのやることは。すっごいバカなんだけど……勉強とかやっぱ全然できないんです、数学とかは。でも国語のテストとかになると、漢字だけはめちゃくちゃ知ってて、スッゲェ難しい字とかを、絶対読めないような漢字使って文章とか書くのね(笑)。
 文章とか、もう支離滅裂なんだけど、漢字だけは、もう難しい漢字で、しかも字が、原稿用紙に四マスに一文字の大きさで書いたかと思うと、次に、一マスに半分ぐらいの字で書いてたりとかして、もうグッチャグチャなの。
 それで、年賀状とか来たんですよ、毎年。あんまりこいつ、人に年賀状とか出さないんだけど、僕の所には何か出すんですよ(笑)。で、僕は出してなかったんだけど、でも来ると、ハガキに何かお母さんが、こう、線を定規で引いて、そこに「明けましておめでとう」とか「今年もよろしく」とか鉛筆で書いてあって、スゲェ汚い字で(笑)。
(引用元 雑誌『クイック・ジャパン』vol. 3号 57-58頁)

f:id:denpatiro:20210717075734j:plain
f:id:denpatiro:20210717075931j:plain

koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com