小沢健二が万引きする理由

 小沢健二は『うさぎ!』という童話でグローバル企業を痛烈に批判していたから、てっきり山小屋で炭でも焼いて暮らしているのかと思ったら、twitterをやっていて驚いた。
 もちろん小沢健二ひとりがtwitterをやろうがやるまいが、巨大なグローバル企業にとっては微々たることである。しかしみんなに向かって、あれをやるな、と説いて回っていた人物が、自分だけ何をやっても“オッケーよ”というのでは筋が通るまい。
『クイック・ジャパン』(1994創刊号)の鶴見済との対談でも語っているように、和光中学生の頃に小沢健二が万引きの常習犯だったことはよく知られている。とはいえ小沢健二でも窃盗が悪いことだとは当然わかっているだろうし、盗むな、とみんなには説いて回っているはずだ。それでいながら小沢健二はなぜ万引きを繰り返していたのだろうか。
 自分ひとりが万引きするくらいなら、紀伊国屋書店にとっては微々たることであるし、自分は上級国民だから万引きをやっても許されるとでも思っていたのだろう。
 しかしながら、倫理や社会規範というものは、みんながそれをしたらどうなるか、という考えに基づいている。自分だけ何をやっても“オッケーよ”とばかりに、万引きをやり、他人の楽曲をパクリ、反グローバリゼーションを唱えながらtwitterをやる小沢健二には、何かが欠落しているとしか言いようがない。

www.youtube.com
www.youtube.com

koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com