坂本美雨が両親からの虐待を語る

婦人公論』(2018年7月24日号)で、坂本美雨が両親から受けた虐待について語っている。
(60頁「父・坂本龍一との幼き日の記憶 坂本美雨 虐待の連鎖を断ち切るため、母となった私にできること」)
 そのインタビュー記事より引用。

 今とは違って、かつては親の体罰も普通にあったように思います。私の父親(ミュージシャンの坂本龍一さん)も昔はとても激しい人で、時には怒りに任せて手が出ることもありました。私が悪いことをしたから叱っていたのか、父自身のイライラをぶつけていたのかわからない時もあり、そういう時はただ父の威圧感に怯えていたような気がします。
 その時に感じた怖さは今でも心に残っていて、娘を叱る際に「今の私、あの時のお父さんみたい」とハッとすることも。(中略)
 その後の父ですか? 大人になってから抗議したら「ごめんね、えへへ」と言われました。軽かったです(笑)
 そして、母(ミュージシャンの矢野顕子さん)はクリスチャンだったこともあり、厳しいルールにのっとった子育てをする人でした。
(引用終わり)

 矢野顕子は、エホバの証人の信者である。佐藤典雅は『ドアの向こうのカルト』でそう書いている。とても禁欲的な宗教で、一切の娯楽が禁じられる。結婚も信者同士でしか許されず、子供も信者にさせられる。
 坂本美雨にも二世信者としての苦悩と葛藤があったはずだが、このインタビューではすべてを語っていない感じがする。
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com

カルト宗教信じてました。

カルト宗教信じてました。