水原希子のヌードで資生堂の社員がせんずり疑惑

 水原希子さんが企業広告撮影でヌード撮影を強要されたと告発して話題です。
 いったい何があったのか、調査しました。
 水原希子さんは、4月9日のインスタグラムで次のように告発しました。

私も20代前半の頃ある企業の広告撮影で上半身裸になって手で胸を隠して撮影をする事があったんだけど、
その時だけ何故か沢山の男の人、多分上層部であろう20人ぐらいの社員の人達がスタジオに来て、
裸だから撮影中は見られたくないと伝えたけれども、写真を確認しなくてはならないからと言う理由で、
結局、仕事だからと拒否できないんだよと言う理由で、
沢山の男性に裸を見られる環境の中で撮影を強いられた事があった。
もちろん撮影中、緊張して固まってしまった。

(||゚Д゚)ヒィィィ!
これはひどい。鬼畜の所業ですね。
「写真を確認しなくてはならないから」というのは嘘で、本当はただ裸が見たかっただけだと思います。
 このエロガッパ! と京唄子師匠なら怒っています。
 企業の広告撮影では、こんなセクハラがあたりまえなんですね。
(((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブル ・・・もういやだ・・・
 20人もの男性社員に囲まれたんですよ。
 まさに汁男優です。
 これは、せんずりをかいてますね。世もまつです。
 水原希子さんの裸を見て、せんずりをかくなんて許せないですね。

 この撮影は、資生堂の広告だとツイッターで誰かが書いてました。
 水原希子さんのヌードを撮影したのはアラーキーこと荒木経惟で、広告のディレクションは、資生堂宣伝部の澁谷克彦です。こいつらならやりそうです。
 なにしろ公式サイトの対談で、えらそうに、こんなことを語っています。

荒木:うん、だからアタシの場合は、完璧な化粧が少し崩れていったときに、その人らしい「綺麗」が出てくることもあると思ってやってる。女性を大仰に、女神みたいに撮るんじゃなくて、地上の我々の高さまで降りてきてもらうんだ(笑)。そのためにはこっちも待ってるだけじゃなくて、いろいろおイタしていくんだけど。つまり1回目は化粧でワクワクさせて、2回目はおイタでワクワクさせてあげているわけ。

 おイタというのは……いたずら心みたいなこと?

荒木:おイタはねぇ、ここで何て言うべきか、まぁ恋愛だね(笑)。

www.shiseidogroup.jp

 水原希子さんも、アラーキーから「おイタ」をされたんですね。こわいこわい。
 でも、ネットの噂を鵜呑みにして、決め付けはいけません。
 うそはうそであると見抜ける人でないと(掲示板を使うのは)難しいです。
 J-CASTニュースが取材したところ、資生堂は「当社での広告撮影時に起きた出来事かどうかについては分かりませんでした」と答えました。
 分からないのなら、しょうがないですね。
 水原希子さんが資生堂の広告でヌードになったのは事実だけど、それを見た社員が、せんずりをかいたかどうかは分かりません。

 資生堂といえば、BBCで放映されたドキュメンタリー番組が話題です。
 資生堂花椿』のモデルに起用された、13歳のロシア人少女が、来日するもギャラを支払われずボロボロにされたあげく、借金まで背負わされて逃げ帰る姿がBBC worldで放映されて、全世界が泣きました。
 水原希子さんは、「モデルは物じゃない。女性は性の道具ではない」と訴えています。

kaigai-matome.net

www.j-cast.com

koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com