糸井重里が世界一のツリーでおいしい生活

 世界一のクリスマスツリーを作って震災で死んだ人たちを鎮魂したろと思いついたプラントハンターの西畠清順が、富山県の山奥でひっそりと生育してきた樹齢150年の大木に目をつけて、これはいいね!とばかりに引っこ抜いて寒風吹きすさぶ真冬の神戸港に運び、ついでにクリスマスオーナメントのギネス世界記録もねらうので500円払って参加してね、この木で作った小さな玉を3800円で買ってね、クラウドファンディングで500万円集めるからおまえら金出せよ、とノリノリでよいこのみなさんに呼びかけたところ、たかが手帳でぼろ儲けして極左団体の中核派から上場企業の社長に成り上がった糸井重里が、いとしさとせつなさと糸井重里が、このイベントに徳川埋蔵金以来のロマンを感じたのか、ほぼ日刊イトイ新聞で働く意識高い系の社員を総動員して、バカにもわかるように1行27文字以内で「なるほど。わかりやすいです」と言わせる記事を書かせて、盆と正月とクリスマスが一緒に来たようなお祭り騒ぎ。


www.kobe-np.co.jp
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com