芸能

二世信者としての斉藤由貴

斉藤由貴の両親が出るというので「A-Studio」を見た。斉藤家には独特な決まりがあったと語っていたが、これは宗教のことである。斉藤由貴がモルモン教徒だというのはアイドルの頃から知られていた。 戒律を守ってコーヒーさえ飲まないというのであるから、い…

松居一代は島尾ミホか

松居一代はたいしたものである。大宮エリーといえば、おちんちんシールである。 船越英一郎という俳優は、もう死んだと思っていたのだがあれは萩原流行だった。そういえば松居一代と高畑淳子もよくまちがえる。 息子が強姦容疑で逮捕されたのが高畑淳子で、…

歌舞伎というものは、いやなものだなあ

梨園の妻は跡取りの男子を産まなければならない。旦那の芸事のためには浮気にも耐えねばならない。贔屓筋への挨拶回りは欠かせない。女は舞台に上がれない。男子は家業を継がねばならない。幼児のうちから稽古漬けで13歳にもなれば芸者相手に筆おろしをさせ…

大喜利の何が芸ですか

桂歌丸が「裸でお盆持って出てきて何が芸なんですか」と苦言。 たしかにあんなものは芸ではない。かといって歌丸師匠の落語に芸があるわけではない。おそらく「笑点」に出ていなければ、歌丸師匠はこれほどの人気者にはならなかっただろう。 落語を守りたい…

内田理央のファンは粋だねえ

古今亭志ん生の有名な逸話で、酔ったまま高座に上がり、そのまま寝てしまい、前座が出てきて起こそうとしたら、お客は誰も怒らず「寝かせといてやれ」と言った、というのがあるんだが、内田理央師匠も。www.nikkansports.com www.youtube.com

伊野尾(TBS女子アナ+フジ女子アナ)

昨今のマスコミはといえば芸能人の不倫というどうにも品のないゴシップばかりを報じている。 誰と誰が惚れたの腫れたの、自由恋愛の世の中、どうでもいいではないか。それを興味本位で喜ぶ読者もおろかだ。人はもっと高尚な趣味や教養を持たねばならない。日…

俺たちの市川紗椰

市川紗椰さんのことが好きすぎてつらい。 市川紗椰をいじめるやつは俺が許さん! とか思ってしまう。『ユアタイム』とかいうくだらない番組の評判なんかどうでもいいし、彼女が輝ける場所はそこじゃないと思うし、さっさと降板して、俺たちの所に戻ってきて…

下劣な森繁久彌

森繁久彌が黒柳徹子に「一回どう?」と言い続けていたというのが、さも素敵なエピソードのように語られる風潮がきもちわるくて吐き気がする。 トニー谷は、舞台裏で日劇のヌードダンサーたちに抱きつき触りまくり、女性漫才師の楽屋に乱入しては「おい! お…

世界の中井貴一

中井貴一はいつどこで見ても中井貴一だから安心できる中井貴一である。映画にしろドラマにしろ中井貴一が出てくるだけで、あっ中井貴一だ、とわかる。私は演技については素人であるしそれがうまいのかへたなのかもよくわからないが、中井貴一は何の役をやっ…

雨音は夏目三久の調べ

夏目三久と芸人の有吉がどうしたこうしたというのがよくわからなくて、2ちゃんを見たらそういうことだったのかと事情がわかりすぎてびっくりした。私は朝の番組に出ている夏目三久にわりと好印象を持っていて、短髪で色白でさわやかで清楚な雰囲気からもし…

大女優の小さな事務所

吉田羊の所属事務所が小さいというのでそのホームページを見たら本当に小さくてびっくりした。社長兼マネージャーの女性と二人きりでやっているのだという。 ホームページの作りもちゃちで、ああこういう小劇場上がりの売れない女優は日本中に腐るほどいるよ…

何の因果か

小林麻央さんが、かわいそうでならない。そのブログも、読んでいるうちに涙が出てきた。一日も早く治癒しますように。神様、どうか麻央さんをお救いください。 北斗晶には、興味がない。

ファンキーモンキー加藤

ファンキー加藤という歌手は、ステージの上でぴょんぴょん飛び跳ねたり、自分の歌で感極まって泣き出したり、ものすごい迫力でこぶしを突き上げたり、手ぬぐいを頭の上でぐるぐる振り回したりする。 いい年をした大人が、たとえ人から馬鹿と思われようとも、…

「文枝 裸画像」で検索すると細川ふみえが出る件

yahoo先生から「ふみえ 裸」ではありませんか? と問い返されるんですが、いえ私が見たいのは文枝師匠の、と言いかけてやっぱり細川ふみえでいいですと、いや細川ふみえの方がいいですから。それにしても遙洋子は、「文枝と共演した10年間で紫艶は見かけず」…

日本初のスタンディングオベーション

小林賢太郎『僕がコントや演劇のために考えていること』(幻冬舎)を読んでいたら、こんな記述があった。 音楽であれ演劇であれ、エンターテイナーがショーをやったら、最後には拍手をする。これは古くから西洋にあった習慣です。これが、明治時代に日本に伝…

サブカルジャニーズ

NHK『ニッポン戦後サブカルチャー史』を見ているが、あの受講生でずっと出てる若い俳優のコメントは、いらないんじゃないか。まあたぶん彼が愛するサブカルは俺が知ってるサブカルとはぜんぜん別の何かだろうけど、そんなにサブカル好きなら、北公次の『光GE…

おじさん、きもい

リリー・フランキーというおっさんが、きもち悪くてしょうがない。なるべく見ないようにしているのだが、NHKの対談番組の番宣で、宮沢りえに「男性の前でおならとかできますか?」と聞いてるシーンが繰り返し流れてて吐きそうになった。自分ではおもしろい話…

CDよりも株を買い占めろ

好きなアイドルに何百万もつぎ込むのなら、その金で芸能事務所の株を買ったらどうか。株主になれば株主総会に参加できる。ということは芸能事務所の経営に口を出せるわけだ。 そこでアイドルの待遇改善を訴えるのもよし、おかしなことをやっている経営陣の責…

アイドルは憲法違反である

AKB48の内山奈月さんは、恋愛禁止は憲法違反ではありませんと述べている。 「憲法は個人ではなく国家権力を制約することが目的だからです。たとえ恋愛禁止を課されていても自分の意思でアイドルの仕事を選んでいることから憲法にも法律にも違反しません」(…

松本人志の次作に期待

松本人志の映画が大コケとか。これで映画監督としての才能がないことが明らかになったと思うが、それでもまだ彼に映画を撮らせるようならそれはもう企業の責任である。 NHKでドキュメント72時間「よしもと 正念場の夏合宿」というのを見たが、ひどいものだっ…

でかくない

河合奈保子の娘が歌手デビューするさうなのだが、それはそれとして、おつぱいである。テレビや「明星」のグラビアで俺氏の視線を釘付けにしたあの河合奈保子のビキニ姿と云ふのは今でも脳裏にくつきりと刻まれておるのであるが、あにはからんや、ネットで画…

ミ−シャのアフリカ

紅白ではMISIAがアフリカのナミブ砂漠で歌っていたが、あの6分間の中継のために、NHKは6000万円もかけたという。その金で一体どれだけのワクチンが買えるのか、といった批判はもっともである。たかが一人の流行歌手のために6000万もかけて娯楽番組を作る、そ…

じゃんけんで決めればいい

AKB48のじゃんけん大会というのを見てはいないのだが、総選挙よりよほどいい企画だと思った。世の中の揉め事のほとんどは、じゃんけんで決めればいいのである。 なにか揉め事がおこると、「それじゃ、話し合いで解決しましょう」というのが民主主義である。…

ワカパイかー

井上和香が聞いたこともない映画監督と結婚して、なんともショックである。キムタクが工藤静香と結婚して、山田美保子が泣いたというその気持ちがちょっとわかった。 飯塚健とかいうやつの映画も芝居も見たことないので調べてみると、あのサンクチュアリ出版…

女優の一生

NHKの「課外授業 ようこそ先輩」に黒木瞳が出てて、母校の小学生たちにタップダンスを教えるというのをやってたんだけど、この小学校というのがすごい田舎にあった。福岡県の八女市立黒木小学校というので、芸名もこの町から取ったのだとか。ほとんど演歌の…

思い出のしば漬け

山口美江が死んだけど、「しば漬け」CMを代表作みたいに報じるのはいかがなものか。かといって他に何があると問われても、知らぬが。高田純次が山口美江のリップクリームを痔の薬として使っていたという話があるが、潔癖症の女性に芸能界はつらかっただろう…

後生畏るべし

『十五歳』という詩集を読んだ。著者は1970年代始めに中学・高校生の青春を送った。そんな激動の時代に生きた一人の若者の、魂の叫びともいうべき詩集である。 『若者の詩』 若者は口ずさむ平和の歌を…… デモ 全学連 捕まっても平気だ おれたちには明日があ…

男の責任

あやしい宗教に洗脳されている久本雅美のことを、オセロの中島知子が心配しているという。あ、逆か。 どうして占い師なんかに、と言うが、朝っぱらから「今日の占い」などとテレビがやってるんだから、洗脳されるやつも出てこよう。なんにせよ『王様のブラン…

芸術家だもの

NHKの「BSコンシェルジュ」という番組に、宮本信子が出演、伊丹十三について語る。司会は青木さやか。これがひどい。 青木「私、伊丹監督の映画、大好きなんですよ」 宮本「でもあなた、まだ子供だったでしょ?」 青木「小学生の時に、『お葬式』をテレビ…

誰が演歌を聴くのか

森田芳光が死んだけど、その61歳という年齢にみんな驚かなかっただろうか。そんな歳だったのかと思った。ジジイである。61歳といえば、まちがいなくジジイである。しかしあのみずみずしい映像感覚をうたわれた映画監督にしてジジイなのであるから、これは世…

紅白のユーミン

去年2ちゃんねるで「浜崎あゆみが京唄子化」というスレに笑ったけど、紅白のユーミンは「美空ひばり化」であった。むかし近田春夫がユーミンに、「美空ひばりの後を継げるのはあなたしかいない」ということを言ったら、露骨にいやな顔された、というエピソ…

福島三奇人

そういえば渡辺文樹は福島県の出身であった。ようつべで『バリゾーゴン』を見たが、これには異様な迫力がある。再現ドラマの部分を外して、ドキュメンタリーだけで再編集すれば世間の評判も得られるだろうに、惜しい。しかしそうならないところが渡辺文樹な…

舞台女優とか

大竹しのぶは、くだらぬバラエティ番組によく出ているが、舞台の出演料だけでは食えないのだろうか。ほかにも舞台でいい芝居をしている役者が、テレビでバカをやっているが、ああいうのは八百屋のおばさんにも名を知られたいという芸能人の欲であろうか。 大…

残念なアチャラカ

空飛ぶ雲の上団五郎一座『アチャラカ再誕生』をDVDで見る。 これはケラと、いとうせいこうが中心となって作った劇団であるがこの公演だけで終わったようだ。いとうせいこう、井上ひさし、ケラリーノ、筒井康隆、別役実という有名どころが脚本を書いている。…

内田春菊のことを考える

東電のマスコット「でんこちゃん」を描き、数億円を稼いだという内田春菊である。原爆投下のあった長崎の出身である。 ブログでは、被災者にも原発事故にも一切触れず、ひたすら菓子を作り、その写真を撮り、ブログに載せ続けている。 底知れぬもの、を感じ…

吹石一恵とは何か

吹石一恵にはいつも、おどろかされる。 最初は、ユニクロのブラトップのCMであった。最近では、映画『ハッピーフライト』で、演技もなかなかうまいなと思った。 そしてyoutubeで、歌声を聴いて、ずっこけた。

小劇場というタコツボ

去年見た芝居の中で一番よかったのは、演劇企画集団THE・ガジラの『さよなら渓谷』だった。秋田県で起きた連続児童殺人事件をモデルとしたもので、吉田修一の原作がある。出演者は五人だけだが、緊張感に満ちた演出で、腹の底にずしっときた。犯人役の若い美…

おめェさんはよォ

そういえば去年、井上ひさしが死んで、追悼公演の『黙阿弥オペラ』を観にいった。これは「江戸庶民の言葉を完全に再現した」といわれるものであったが、主演の藤原竜也はなるほど威勢のいい江戸弁をしゃべっていた。 それはそれとして、TBSの『おじいちゃん…

セックス・アンド・ザ・シティ

主演女優が来日したというので、テレビの芸能ニュースはこれの宣伝ばかりである。 しかし困ったのは、この映画のタイトルである。朝の情報番組では、『SATC』と略しているところもある。たしかに、朝っぱらから「セックス、セックス」と連呼されては、かなわ…

文化人くらたま

『週刊文春』(5月27日号)が、また「くらたま」をいじめておりますぞ。 倉田真由美が夫の前妻に訴えられた 「NHK経営委員」の資格はあるか 汚なすぎる“略奪婚”の手口 という記事によると。 くらたまが、NHKの最高意思決定機関「経営委員会」の委員候補だっ…

貧すれば鈍する

朝日新聞の全面広告で草刈民代がヌードを披露していると知って、すわ、と図書館へ走る。金も名誉もあるのにいまさらなんで? 10年、いや20年遅かった気も。ヌード広告について朝日新聞社は、「弊社広告掲載基準にそって審査し、掲載しました」とのコメントを…

無知な人

NHK『ためしてガッテン』「脳元気!ラクラク速読術」を見る。 ゲストの松本明子が司会者から「読書はお好きですか?」と問われて、次のようなことを答えていた。 「寝る前に、本を読もうと思って、1ページ読んで、うとうと(笑)。それで寝てしまうんですね…

武将まなべ

横山光輝の長編マンガ『三国志』第7巻(愛蔵版・潮出版)の巻末に、眞鍋かをりインタビューが載っている。 それによれば、眞鍋さんは『三国志』のゲームがきっかけで、潮漫画文庫の横山『三国志』全30巻をセットで買い、すでに二回通読しているという。 好き…

二世タレント考

芸能人の子供が続々とデビューしているようだが、それはべつにかまわない。もともと芸能というのは親から子へ、師匠から弟子へ、伝承されてきたものだからだ。 しかし最近の二世タレントは、どれもあまり売れてないようだ。 考えるに、これは芸の質が変わっ…

東大卒の漫才師

田畑藤本という漫才師の片方は、東京大学を出ているという。現役合格で、工学部卒というからたいしたものだ。 わざわざ漫才師になることもないと思うが、こういう自己評価の低い人は、人の上に立つ仕事に就いても苦しいだけであろう。下流志向というのか、た…

早起き、バスロマン

おいテレビ局、女子アナというのは、あれは顔で選んでるんだろ。日テレの古閑陽子アナは、かわいいですぞ。 「ズームインSUPER」のオープニングでは出演アナがずらっと並ぶんだけど、なぜか古閑さんはいつも後ろの列にいて、背が高い羽鳥アナの陰に隠れてし…

イニシャルトーク

埼玉生まれだとかCIAのスパイだとかの噂もある得体の知れない外人タレントのDS。テレビではくだらないジョークを連発したり、芸能人のゴシップを得意げに話したり。 『とくダネ』では海外情報コーナーと称して、海外のテレビ映像や雑誌記事を紹介してるけ…

大ショック

今日ネットで知ったんだけど、これはショックだなあ。最近はこんなニュースばっかりじゃないか。もう、ほんと、いやになる。まさかなあ、まだわかいのに、もったいない。 どうしてこう悲しい出来事ばかりがおこるんだろうなあ。どうにかならなかったのかなあ…

西原理恵子ほうろうき

社民党の保坂展人はかつて「反管理教育運動」の闘士で、「青生舎」というグループを主宰していた。そこはそうした左翼運動に共感する若者たちの活動の拠点になっていて、そこに関係していた若者でのちに有名になったのが、外山恒一、藤井誠二、西原理恵子だ…

ブラックな笑い

落語家というのは何の取り柄があって、あんなにえらそうにするのだろうか。ああいうのをありがたがる客がいるから、ますます横柄になるのだろう。 それにしても落語家ふぜいが、おれより金を持ってるは女にもてるは、そんなやつの高座なんかで誰が笑えるかと…