江川紹子が有田芳生と辻本清美からお車代をもらう

 オペラやワインというセレブな趣味をお持ちの江川紹子様は、何をして食っている人なのかよく知りませんが、有田芳生と辻本清美の政治資金パーティーに出て、謝礼やお車代をもらっております。
 あれれ~?おかしいぞ~? 
 ジャーナリストが国会議員からお金をもらってるよ。これじゃ、安倍首相と寿司を食う仲の田崎スシローを批判できませんなあ。
 政治家からもらった金で飲むワインは、さぞかしうまいでしょうなあ。
search.openpolitics.or.jp
 以下は政治資金収支報告書より

f:id:denpatiro:20190525141040p:plain
辻本清美「政治活動20年へ、感謝と飛躍の集い」(H27/7/25)

f:id:denpatiro:20190525141135p:plain
有田芳生さんと共生社会をつくる会」(H28/6/11)

www.youtube.com

人の金で焼肉食べたい (Stand up ver.)

人の金で焼肉食べたい (Stand up ver.)

広河隆一の鬼畜発言で打線組んだ

 人権派レイプ魔こと広河隆一が、「処女だと病気だと思われるよ」の鳥越俊太郎や、「俺の女にしてやる」の渡部直己に負けてなるものかとばかりに、何人もの女性を強姦していたと話題です。
 そこで『週刊文春』(2019.1.3・10号、2.7号)に掲載された広河隆一の鬼畜発言で、打線を組みました。

1(遊)「キミは写真が下手だから僕が教えてあげる」
2(右)「俺の女にならないか。妻とはセックスレスだ。俺の女になると、報道人生うまくやっていけるぞ」
3(一)「君のような学歴のない人は、こうしなければ報道では生きていけない」
4(中)「取材先の男性スタッフたちが、君を貸してほしいと言っている。どうするか」
5(左)「(チンポを)入れたい」
6(三)「女性は嫌がると妊娠しやすくなるから気をつけろ。戦地に妊婦が多いのはレイプが行われているからだ」
7(捕)「(女性たちは)僕に魅力を感じたり憧れたりしたのであって、僕は職を利用したつもりはない」
8(二)「僕は紛争地などの取材のストレスはセックスで発散してきた」
9(投)「あんたの中には女性の体に対する興味がまったくないのか」

抑え投手「僕はセックスを伴わない人生は考えられないんだよね!」
代打「(20代前半の女性に)もうセックスの女としては終わりだな」
代走「その足はなんだ。汚い肌だな。もう他の女を探そうかな」
コーチ「アシスタントになりたいなら、一心同体にならないといけない。体の関係もないといけない」

監督「(被害女性は)蝶の形をした青色の器具を性器に装着され、明大前の商店街を歩くよう命じられたこともあった。広河氏は少し後をついてきて、リモコンで器具を作動させていたという」
www.businessinsider.jp

キチガイ地獄

キチガイ地獄

koritsumuen.hatenablog.com
koritsumuen.hatenablog.com